シニア犬・老犬のストレスを解消し、リラックスさせる成分を配合したサプリメントが充実。動物病院が運営する通販キュティアショップのオススメ

【取扱い商品見直し中のお知らせ】

この度はキュティアショップへご来店いただきまして誠にありがとうございます。
当店では現在取扱い商品の見直しを行っています。療法食・一般食・サプリメント・介護用品につきましては商品ページが表示されない状態となっています。

シニア犬・老犬国産無添加ドッグフード半生ペロおよびジロ吉ごはんだよ!はご注文いただけます。ただし、ご注文が多い場合はお届けが通常より1日程度多くかかることがございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

キャットフード・おやつ
お取扱い商品

おすすめの純国産フード

【国産無添加・自然素材のフード】

bottom
お知らせ
bottom
獣医師コラム
お知らせ

「商品」「ワンちゃん」「キュティアショップ」のこと、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのご注文も承ります。こちらもお気軽にご利用ください。

  • メールお問い合わせ wanwanshop@cutia.jp
  • 電話・045-904-0420・平日10:00-15:00

土・日・祝日はお休みです。
臨時休業日はカレンダーをご覧下さい。

2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日

ボーナスポイント・会員登録時に300ポイントプレゼント。

【クレジットカード各種】
クレジットカード各種

【GMO後払い】
GMO後払い

【配送・送料】
合計10,000円以上全国送料無料

【キュティアショップ運営会社】

株式会社キュティア
代表取締役 猪熊洋文
〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区 美しが丘4-7-28
メゾンドアミ1F
キュティア老犬クリニック内
045-904-0420

bottom
 
  • 【犬もストレスはあります】
    犬も人と同様、過度なストレスが長期間継続すると、体や精神に不調をきたすことがあります。犬の個性によって、ストレスの感じ方は様々です。犬のストレスサインに気を配り、できる限りストレスの原因を取り除いてあげることが大切です。
  • 【犬のストレスの原因】
    ◆飼い主とのスキンシップ不足
    群れや家族の一員であることを重視する犬にとって、一人ぼっちだと感じることはストレスになります。
    ◆環境の変化
    一緒に暮らしていた家族がいなくなると、強いショックを感じることがあります。また、結婚や出産、新しい動物がやってくるといった家族の増加でもストレスになることがあります。
    ◆苦手な場所・動物
    動物病院や特定の人や動物に恐怖を感じたり攻撃的に成ったりすることもあります。
    ◆不快な環境
    雷・台風・サイレンといった屋外の音や大音量のテレビ、明るすぎる照明、香水や芳香剤の匂いなどの環境。
    その他にも運動不足がストレスを誘発したり、病気やケガによる痛みなどがストレスになることもあります。
  • 【犬のストレスサイン】
    軽度な場合は
    ・体を繰り返し舐めたり
    ・体を震わせる
    ・舌をぺろりと出す
    ・目をそらす
    ・伸びやあくびをする
    など

    中程度の場合は
    ・無駄吠えをする
    ・うなる
    ・腰が引けてしっぽが下がる
    ・逃げ回る
    ・噛みつく
    ・物を破壊する
    ・食糞
    ・や不適切な排便
    などのやや問題行動的な面が現れます。

    重度になると、食欲不振・自虐行為(出血するほど執拗に舐める、噛む)・脱毛・下痢・嘔吐などを起こすことがあるので病院での治療が必要となります。
  • 【効果が期待できるサプリメントの成分】
    ストレスケアに効果があるといわれている栄養素がいくつかあります。ストレスの原因を取り除くのと同時に、それらをサプリメントで補ってあげるのもおすすめです。

    ◆テアニン:お茶に含まれるアミノ酸で、リラックス効果や安眠効果があるといわれています。犬や猫で、無駄吠えや攻撃・破壊行動の改善がみられたとの報告があります
    ◆ギャバ(GABA、γ‐アミノ酪酸):アミノ酸の一種。体内で神経伝達物質として働き、ストレスを和らげて脳の興奮を鎮める効果があるとされています。リラックス効果があり、人では安眠や血圧低下に役立つことが確認されています
    ◆ビタミンC:動物はストレスを感じると、生理的にストレスホルモン「コルチゾール」を分泌します。このとき、ビタミンCが大量に消費されてしまいます。犬はもともと体内でビタミンCを合成できますが、ストレスが続くと消費がこれを上回ってしまいます。ビタミンCには抗ストレス作用に加え、抗酸化作用や細胞の老化防止の働きもあるため、犬でもビタミンCを補ってあげることは有効だと考えられています
全0件