アメリカニューヨーク州で、2匹の猫が飼い主から新型コロナウィルスに感染したことが確認されました。AVMA(アメリカ獣医師会)のホームページ最新の記載

検索する
キャットフード・おやつ
お取扱い商品

おすすめの純国産フード

【国産無添加・自然素材のフード】

療法食

【ロイヤルカナン】

【ヒルズ】

【インターベット スペシフィック】

【森乳サンワールド】

準療法食・プレミアム

【ロイヤルカナン ベッツプラン】

栄養補助・投薬補助

【サプリメント】

【ちゅーる・高栄養リキッド】

【シニア犬にやさしいミルク】

【投薬補助】

トリーツ・おやつ・ごほうび

【トリーツ・おやつ・ご褒美】

歩行・移動補助用品

【歩行補助】

【移動補助】

寝たきりをサポートする用品

【寝たきり快適グッズ】

【犬猫用ホットカーペット】

【床ずれ防止】

【食器・給与器・シリンジ】

【介護用衛生用品】

シャンプー・皮膚ケアなど

【シャンプー&リンス】

【皮膚のお手入れ】

【消毒・除菌・消臭用品】

同居している猫ちゃんへ

【キャットフード】

bottom
お知らせ
bottom
獣医師コラム
お知らせ

「商品」「ワンちゃん」「キュティアショップ」のこと、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのご注文も承ります。こちらもお気軽にご利用ください。

  • メールお問い合わせ wanwanshop@cutia.jp
  • 電話・045−479−2231・平日 10:00−15:00

土・日・祝日はお休みです。
臨時休業日はカレンダーをご覧下さい。

2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日

ボーナスポイント・会員登録時に300ポイントプレゼント。

【クレジットカード各種】
クレジットカード各種

【GMO後払い】
GMO後払い

【配送・送料】
合計10,000円以上全国送料無料

【キュティアショップ運営会社】

株式会社キュティア
代表取締役 猪熊洋文
〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区 美しが丘4-7-28
メゾンドアミ1F
キュティア老犬クリニック内
045-904-0420

bottom
 
2020/05/01更新

米国ニューヨーク州で飼い主から2匹の猫が新型コロナウィルスに感染

猫の種類メインクーン

アメリカニューヨーク州で、飼い主から2匹の猫が新型コロナウィルスに感染したことが確認されました。

2020年4月17日配信したメールマガジン「キュティア通信Vol.114」では、新型コロナウィルスがペットに感染した事実はない、としていたアメリカ獣医師会が、2020年4月22日付けで飼い主から2匹の猫への感染が確認されたことを発表しています。

アメリカ獣医師会(AVMA)の報告

PETS IN HOMES WITH OWNERS WITH COVID-19
On April 22, the CDC announced the first National Veterinary Services Laboratories (NVSL)-confirmed cases of SARS-CoV-2 infection in two pet cats. These are the first pets in the United States to test positive for SARS-CoV-2. Currently we have no information that suggests that pets might be a source of infection for people with the coronavirus that causes COVID-19.

4月22日、NVSL(National Veterinary Services Laboratories:国立獣医サービス研究所)がペットとして飼われている2匹の猫が新型コロナウィルスに感染していることを確認した。アメリカにおける感染の最初のケースである。現在のところではペットから人に感染する情報はない。

引用:アメリカ獣医師会

キュティア通信Vol.114」2020年4月17日配信の内容

ショップを定期的にご利用いただいている埼玉県の飼い主様から「新型コロナウィルスが犬や猫に感染しないか心配です」とのお問い合わせいただきました。2匹のチワワ、猫1匹と一緒に暮らしています。

たいした情報が得られない時代遅れの日本獣医師会のホームページ。これでは話にならないと、洗練されたデザインのアメリカ獣医師会(AVMA:American Veterinary Medical Association)のホームページで知人と一緒に調べてみることになりました。獣医学の視点からCOVID-19について情報がまとめられています。

アメリカでは事例がない

アメリカではペット自体が新型コロナウィルスに感染したという事例はまだ報告されていません

ペットと人の相互間

ゆえに新型コロナウィルスが「ペットと人の相互間」で感染したという事例もありません

フランスの事例

フランスでは20人の獣医学生が12匹の犬・9匹の猫との共同生活で、2人の学生が新型コロナウィルスに陽性を示した。しかしPCR検査ではどの犬・猫も陽性とはならなかった

香港での感染例

ペットに感染しているという検査結果が出ているのは香港での2匹の犬と1匹の猫だけである

結論として

結論としてペットが新型コロナウィルスの感染拡大に関与しているという証拠は今のところないようです。これはWHO(世界保健機関)も同様の見解です。ただし、ペットではありませんがニューヨーク、ブルックス動物園のトラ1頭が飼育員から新型コロナウィルスに感染した事例はあるため、「人と動物」という点ではまだまだ未知な事があるようです。

アメリカ獣医会のアドバイス

最後に、アメリカ獣医学会ではペットも人も新型コロナウィルスから守るために次のようなことを推奨しています

衛生に気をつける

ペットの食事、世話等の前後には手をよく洗うなどの衛生を心掛ける

ペットが陽性になったら

もしペットが陽性となった場合は人との接触を遮断するのと同様に、ペットも近づけないようにする

サービス犬との接触は

サービス犬(盲導犬・介助犬など)と接するときはマスクを着用し、むやみに顔を近づけない。アメリカでは日本のようにこまめに手を洗ったり、マスクを付ける習慣がないですからね。

※アメリカ獣医師会の内容は2020年4月12日現在です。

出典元:アメリカ獣医師会
https://www.avma.org/resources-tools/animal-health-and-welfare/covid-19/sars-cov-2-animals-including-pets

※注:画像の猫と本文は関係ありません

キュティアショップ
代表 猪熊洋文